愛蜜彼女

「ああ…凄く大きい…ほら、もうビクンビクンしちゃって…早く挿れて欲しいな…」
秋雨の降る中、早瀬のクラスに転校してきた黒髪の美少女…黒乃。
彼女は不思議な魅力を持った魔性の女だった!
彼女に魅入られた人間は、もう逃げられる事は出来ない!
その魅惑の肉体にチ〇コはもうビンビンになり、トロけたアソコに挿れる事だけしか考えられなくなる!!
「なにも考えずバカみたいに気持ちよくなろ?」
黒乃の言葉が中枢神経を駆け抜け脳髄に響き渡る!
もう、サルの様に黒乃の体を貪る事だけしか考えられない!
黒乃の中に〇精したい!!
何度も…何度も…!
はたして、黒乃は何者なのか?
そして黒乃に魅入られた早瀬の体にはある異変が起き始める…


愛蜜彼女